【2018年版】日本短期滞在!空港で買える!プリペイドSIM比較

sim card

photo by mroach

今や海外旅行の必需品となったスマホ。地図や旅先の情報もスマホ一台あればものの数分で検索できてしまいます。街中でもスマホを片手になにやら調べている訪日観光客をたくさん見かけます。しかしスマホの便利さも、インターネットにつながっていればこそ。日本でも公衆Wifiの設置状況はずいぶんと改善されてきていますが、まだまだ不十分な面も多々あります。そんな時便利なのが、日本国内で購入したプリペイドSIMを、自分のスマホに入れて使用するという方法。プリペイドSIMは主要国際空こうでも販売しているので、到着後SIMを入れ替えれば持ってきたスマホを日本国内ですぐ使用することができます。

 

日本で使える端末について

日本でSIMを入れ替えて海外のスマホなど携帯端末を使用するには、その端末がSIMフリーであることが必要です。しかし、SIMフリーの端末であれば必ず日本のSIMを入れて動作するかというと、必ずしもそうではありません。海外の端末を日本で使用するには、日本の通信規格に対応できる端末でなくてはなりません。世界的に流通していて日本でも販売されている主な機種には次の3種類があります。

  • Apple iPhone
  • Samsung GALAXY(グローバルモデル)
  • Sony Xperia(グローバルモデル)

できれば事前に現在使用している携帯電話等を契約している通信会社に、日本での使用が可能かどうか問い合わせておくと安心です。もし自分の端末が日本で使用できないものであっても、嘆く必要はありません。その場合はポケットWiFiをレンタルするという方法があります。

 

プリペイドSIMを選ぶポイント

利用可能な期間

プリペイドSIMは基本的に旅行者を対象としているため、有効期間は短め。最短7日間のものから購入できます。有効期間が長いほど付与されるデータ容量が大きく、値段も高額になる傾向があります。日本に滞在する期間内はずっと使えるタイプを選びましょう。

リチャージが出来るか?

データ容量が切れてしまった場合、リチャージをすることが出来るタイプと出来ないタイプがあります。またリチャージをすることで利用期間が延長されるタイプとされないタイプがあります。旅行期間が短くてもデータをたくさん使用するという人は、リチャージができるものを選んでおくと安心です。リチャージはオンライン決済のため、データ容量を使い切る前に行う必要があります。万一SIMのデータ容量を使い切ってしまった場合は、Wifiに繋いでリチャージします。

データ容量

やはり気になるのは使用可能なデータ容量。有効期間内で使用できる容量が決まっているものがほとんどですが、1日当たりの使用可能用量で設定しているものもあります。無制限で使用できるものを除いては、やはり容量が少なめな印象を受けますが、無料の公衆Wifiと併せて使用すればデータを節約できます。自分の行先のネット事情も考慮に入れて選びましょう。

データのみ or データ&通話

ほとんどのプリペイドSIMはデータ通信のみのプランですが、一部音声通話もできるものがあります。データのみのプランと比べると割高ですが、自分のスマホを使って日本国内の通話ができれば旅行中何かと便利です。データ通信のみのプランと比較するとやはり割高ですが、日本国内で通話もしたいという人は検討してみる価値ありです。

入手できる場所

日本では空港、コンビニ、観光案内所、量販店など様々な場所でプリペイドSIMを購入することが出来ます。短期滞在の方は時間が限られているので利用する空港で買える選択肢の中から選ぶのがいいでしょう。

 

スマホ1GBで使える目安

プリペイドSIMを購入する際に最も気になるのが、使用できるデータの容量。プリペイドSIMを選ぶ際の目安として、スマホでは1GBでどの程度のデータ通信ができるのか知っておきましょう。

  • YouTube(低画質):約333分 
  • テキストメール(300文字):約205000通
  • ニュースサイトトップページ:約3400回閲覧
  • Googleマップ(東京都拡大表示):約812回
  • Skype:(音声通話)約1400分/(ビデオ通話)約160分
  • Face Time(ビデオ通話):約420分

※通信環境や使用方法によって下記の内容は変わってきますので、あくまで目安です。

 

空港で買えるプリペイドSIM比較

SIM名 利用期間 価格
データ容量 サービス リチャージ SIMサイズ 空港
BIGLOBE
NINJA SIM
30日間 4900円 3GB データ 2000円/1GB
(31日間延長)
標準
micro
nano 
成田/羽田/関西/中部/新千歳
30日間  7700円 7GB
Unari-kun SIM 7日間 4000円 無制限 データ × micro
nano
成田
15日間 5500円
 Unlimited Japan
Prepaid SIM
7日間  4000円 無制限  データ × micro
nano 
羽田/関西 
15日間 5500円
Prepaid SIM
for Travel
31日間 2480円 1GB データ 1500円/500MB 標準
micro
nano
成田/羽田/中部/関西/新千歳
JAPAN
TRAVEL SIM
30日間 2460円 1GB データ
通話
1500円/500MB
3000円/2GB
標準
micro
nano
成田/羽田
90日間 3790円 2GB 関西/福岡/メルボルン/シドニー
Prepaid
LTE SIM
30日間 3700円 2GB データ 2838円/1GB 標準
micro
nano
成田/羽田/関西/新千歳/仙台/富山きときと/那覇 
180日間  13500円 12GB
Prepaid SIM
for JAPAN
7日間 2980円 100MB/日 データ × 標準
micro
nano
成田/羽田/関西/中部/小松/鹿児島/福岡/那覇 
14日間 3500円
U-mobile
プリペイド
7日間 1834円 200MB/日 データ × micro
nano
函館/成田/羽田/福岡/関西/九州佐賀/富山きときと/阿蘇くまもと
15日間 2760円
Wi-Ho!
Prepaid SIM
7日間 3800円 2GB  データ 1834円/1GB micro
nano
成田/羽田/関西/新千歳/福岡
30日間 5500円 5GB 
Wi-Ho!
Prepaid SIM
15日間 5500円 1GB  データ
通話
×
7500円 3GB

※販売価格は小売店によって変わります。 

 

まとめ

データ容量を気にしたくない場合

とにかくネットをたくさん使いたい!という人には、Unari-kun SIMもしくはUnlimited Japan Prepaid SIMがお勧め。有効期限を7日間と15日間から選ぶことができ、データ容量の制限がありません。日本で1-2週間のホリデーを過ごす人には最適なプランです。

リチャージで期間を延長したい場合

データ容量が足りなくなったときにリチャージ可能なSIMはいくつかあります。その中でもBIGLOBE NINJA SIMはもとの有効期間が30日間と長めなうえ、1GBを2000円でリチャージできて更に有効期間も31日間延長が可能と、最もコストパフォーマンスのよいプランです。

とにかく安く済ませたい場合

コストを重視したい人にお勧めなのがU-mobileプリペイド。1日に使えるデータ容量は200MBで、7日間・15日間・30日間の3種類から選べます。宿泊施設には無料Wifiがついており、出先では情報収集や地図を見るくらいしかネットを使わない、という人には1日200MBでも十分に事足ります。

サービスの質で選ぶ場合

プリペイドSIMはデータのみのプランが大多数で、通話機能がついているものは上記の中ではWi-Ho!Prepaid SIMJAPAN TRAVEL SIMのみ。そのうちWi-Ho!Prepaid SIMは10分以内の通話がかけ放題、しかも通訳サービス付きと旅行者には非常にうれしい機能がついています。旅先で日本語しか通じなくて困ることは多々ありますが、通訳サービスがあれば心強いですね。

 


関連記事
【2018年度版】ワーホリメーカーに最適なキャリア(MVNO)とは 
【2018版】ネットがあれば怖くない!無料WiFiスポット接続術


 

 

あきらことほ

この記事を書いた人

あきらことほ あきら ことほ

日本を離れて11年。帰国の度に日本のいいとこ再発見。このコラムが皆様の「日本のいいとこ発見」のお役に立てればウレシイです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>