振込の度にお金がかかる!?日本の銀行手数料事情

Bank fees

photo by droit

日本で生活していくのに欠かせない銀行口座。家賃や公共料金、買い物代金の支払いなど、銀行振込を利用する機会も多々ありますね。日本で銀行取引をしたことがある人はお気づきと思いますが、日本はとにかく銀行手数料が高い!特に振込は利用する度に手数料がかかるし、金額、同行宛てか否か、ATMかインターネットバンキングかなど、条件によって事細かに料金設定がなされています。そのため、同じような金額でも相手によって毎回手数料が異なる、なんてことがよくあるのです。なにかとややこしい日本の銀行手数料、今回は中でも使用頻度の高い振込手数料とATM利用料金についてご説明します。

 

振込手数料:支店利用時

まず最初に、振込手数料の金額は主に金額、同銀行間の取引であるかどうか、ATMか窓口か、現金取引か否かによって決まります。例えば、3大メガバンクと言われる三井住友銀行、みずほ銀行、東京UFJ銀行の支店利用時の振込手数料は次のように設定されています。

同一銀行間取引の場合

 

同一店宛て

他支店宛て

3万円未満

3万円以上

3万円未満

3万円以上

窓口

216円

432円

324円

540円

ATM

現金

108 – 216円

324 – 432円

108 - 216円

324 - 432円

カード

無料

108円

108 - 216円

 

他銀行宛ての場合

 

3万円未満

3万円以上

窓口

648円

864円

ATM

現金

432円

648円

カード

216 - 270円

432円

 

振込手数料:インターネットバンキング利用時

最近では、日本でも主だった都市銀行や地方銀行がインターネットバンキングサービスを提供しています。インターネットバンキングの強みは時間を気にせず利用できる点はもちろん、支店へ出向いて取引を行うよりも手数料が安く済むことです。3大銀行のインターネットバンキングでの振込手数料は概ね次の範囲で設定されています。

同一銀行間取引の場合

 

同一店宛て

他支店宛て

3万円未満

3万円以上

3万円未満

3万円以上

インターネットバンキング

無料

無料 – 108円

無料 – 216円

 

他銀行宛ての場合

 

3万円未満

3万円以上

インターネットバンキング

216円

324 – 432円

 

ATM利用料金

日本で銀行を利用するにあたって気を付けたいのが、ATMを利用するにもお金がかかるという点。自分が口座を持っている銀行であれば、銀行の営業時間内は無料ですが、それ以外の時間帯は手数料がかかります。また、取引銀行以外の提携銀行やコンビニなどのATMを使用する時は、支店のATMよりも利用料金が高額になります。三井住友、みずほ、東京UFJ銀行の支店ATM利用料金は次のとおりです(その銀行に開設した口座を利用する場合)。ATM利用料金がかかる時間帯に振込をした場合、別途振込手数料がかかります。

三井住友銀行

 

08:45以前

08:45 – 18:00

18:00以降

平日

108円

無料

108円

土日祝日

終日108円

※個人口座の場合、入金・振込は手数料無料

みずほ銀行 

平日

0:00 – 8:00

8:00 – 8:45

8:45 – 18:00

18:00 – 23:00

23:00 – 24:00

216円

108円

無料

108円

216円

土日祝日

0:00 – 8:00

8:00 – 22:00

22:00 – 24:00

216円

108円

取扱なし

東京UFJ 

 

8:45 – 21:00

その他の時間帯

平日

無料

108円

土日祝日

無料

108円

 

取引銀行支店以外のATMを利用する場合

各都市銀行や地方銀行は、他銀行やコンビニなどと提携して自行のキャッシュカードで引出、振込、預入などの取引を行えるようにしています。取引銀行以外のATMを利用する場合は、終日利用手数料がかかることがほとんどです。目安としては、平日の銀行営業時間内は108円、平日の営業時間外や土日祝日は216円となります。ただし、提携先によって扱える取引や利用料金の金額設定が多少変わってくるので、詳細は自分で口座を持っている銀行のホームページなどで確認が必要です。

 

まとめ

振込や引出など基本的な銀行取引にはほとんど手数料がかからないという国もある中、取引の度にこまごまとお金のかかる日本。一件一件は少額でも、回数が重なると軽視できない金額になってしまいます。出費を抑えるにはインターネットバンキングを利用するほか、できるだけこちらから振込をする機会を減らす、という手も。例えば公共料金などの支払には「自動引落」を選べます。自動引落は受け取り手が手数料を負担してくれることが多いので、振込料金の節約になりますよ。

 


関連記事
外国人のための日本では欠かせない「印鑑」の作り方
事前に確認!外国人のための銀行口座開設ガイド 
日本に来る前に読んで!海外発行カード対応ATMで出金する方法
現金だけあれば大丈夫!銀行口座を持っていない場合の振込方法
銀行口座がない!銀行振込以外の日本への送金方法と受け取りかた
ゆうちょ銀行ネットバンキング「ゆうちょダイレクト」の振込方法
知らないと損!?海外送金の常識を覆すTransferWiseとは
日本語がヘタでも大丈夫!英語の管理画面がある2つのネットバンク
振込手数料の節約。Paypalを使ったクレジットカード送金の方法
送金できない!?普通の銀行からゆうちょ口座へ振込をする方法
ATMで毎回同じ情報入力って面倒…な方は振込先登録機能
銀行手数料を節約するなら「ゆうちょ銀行」がお得!


 

 

あきらことほ

この記事を書いた人

あきらことほ あきら ことほ

日本を離れて11年。帰国の度に日本のいいとこ再発見。このコラムが皆様の「日本のいいとこ発見」のお役に立てればウレシイです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>