大人の歯科治療も国保でカバー?日本で歯医者へ行くときは?

a tooth

photo by Dr. Partha Sarathi Sahana

日本に一定期間住んでいれば、外国人でも加入が義務付けられている国民健康保険。保険ですからもちろん保険料を支払わなくてはなりません。しかし、そのぶんカバーされる範囲が広く、日常でかかる一般的な疾患のほとんどは3割負担で治療を受けることができます。とりわけ嬉しいのが一般的な歯科治療にも適用されるというところ。歯科治療といえば、公的保険が効かず虫歯一本治すのにも高額治療費を支払わなくてはならない国が多い中、国民健康保険に加入していれば、これも3割負担で受けることができるのです。ただし、全ての歯科治療が保険適用になるわけではありません。今回は日本で歯科治療を受ける際の色々な注意点をご紹介していきます。

 

歯科にかかる時は予約が必要

日本の総合病院や医院では、診察を受けるだけであれば、予約を入れずに当日突然行っても診てもらえることがほとんどです。しかし、歯科治療は一人にかかる時間が比較的長めなので、ほとんどの歯科医院では予約患者のみを受け付けています。予約は電話で入れる場合が多いですが、オンラインで予約受付をしている医院もありますので、必ず予約を入れてから来院しましょう。来院時の手順は、総合病院や個人医院と同じです。

  1. 受付に国民健康保険など公的保険の保険証を提出し、初診の場合は問診票を書く
  2. 待合室で名前を呼ばれるまで待つ
  3. 名前を呼ばれたら診察室に入り、歯科医師に具合の悪いところや当日診てもらいたいことを伝える
  4. 診察・治療が終了したら、再度待合室で名前を呼ばれるまで待つ
  5. 受付で会計を済ませ、領収書と診療明細書・処方箋(あれば)を受け取る

※歯科医院に限らず初めての医療機関に来院する時は、既往症や服薬中の薬剤、アレルギーの有無を正確に伝えておくことが重要です。あらかじめ説明できるよう準備しておきましょう。

 

国保でカバーされる主な歯科治療と金額の目安

原則として、国民健康保険を使って受けられる医療行為は「治療目的のもの」に限られます。したがって、虫歯や歯周病の治療の一環といて行うものは保険が適用されますが、歯のホワイトニングなど審美目的のものは保険適応外となります。下記は3割負担で保険診療を受けられる治療内容と、大まかな費用(保険適用後)の例です。

  • 歯科検診(虫歯や歯周病の自覚症状があって受ける場合):3000円程度
  • 虫歯治療1本(軽度):1500円から3000円
  • 虫歯治療1本(中度):2000円から10000円
  • 虫歯治療1本(重度):7000円から20000円、および来院回数に応じて再診料等
  • 親知らず抜歯(真っすぐ生えているもの):1500円から3000円
  • 親知らず抜歯(比較的簡単な埋伏歯):2500円から4000円
  • 歯周病基本治療:3000円から(来院回数によって変動)

※このほか有床義歯(入れ歯)なども保険適用されます。

国保でカバーされないものの例

次のような審美目的の治療は国民健康保険の適用外の「自由診療」になり、各医院が設定した金額を実費で支払います。

  • 歯列矯正(顎変形症の治療など特殊な例を除く)
  • 歯のホワイトニング
  • セラミックまたはゴールドの詰め物や被せもの(保険適用は銀・パラジウム・プラスチックなど)
  • 審美目的のクリーニング

 

歯のクリーニングは保険適用になるのか?

歯はいったん虫歯になってしまうと、治療をしても完全に再生するわけではありません。う蝕部分を削り取って詰め物をしても、元通りになるわけではないのです。歯の健康には予防がとても大切と言われているため、予防処置として歯科検診や歯のクリーニングをしたいという人も多いのではないでしょうか。ここで気になるのが歯科の検診やクリーニングは国民健康保険が適用されるのか、という点です。二つとも虫歯や歯周病の治療のために行うのであれば、保険適用となります。対して純粋な予防目的の場合、原則として保険は適用されません。しかし、大人であればどうしても歯石があったり、歯周ポケットが少々深くなっていたりしがちです。ほとんどの歯科医院では、歯周病の治療の一環として、保険を使っての検診、歯周病の原因となる歯石を除去した後に、歯に着いた汚れの簡単なクリーニングやポリッシングを行ってくれます。

 

まとめ

多くの国で虫歯治療に高額医療費を支払わなくてはならない中、日本では歯科治療に公的保険が適用されるため、比較的安価で治療を受けられます。親知らずの難抜歯など、複雑な手術を要するものは一般の歯科医院では対応できず専門医にかかる必要がありますが、この場合も保険適用で治療を受けられる場合がほとんどです。歯医者と聞くと高額なうえに治療が辛いイメージがある人も多いと思いますが、少なくとも日本では歯科治療はそれほど高額ではありません。歯の治療は早ければ早いほどいいので、なにか自覚症状がある人は早めに歯科に予約を入れましょう。

 


関連記事
WHO世界最高評価!外国人の国民健康保険加入制度とは
病院に行きたいけれど…健康保険証が届く前にけがや病気になったら
日本を出国する際はお忘れなく。国民健康保険の脱退手続きについて
引越しする時には忘れずに!国民健康保険の住所変更手続き
社会保険から国民健康保険への切り替え方法と任意継続
日本で病気やケガをしたら…自分の医者は自分で選ぶ!?
外国人も加入必須!国民健康保険を支払わないとどうなる?
国保加入者は渡航先での医療費が70%返ってくるってホント?
保険料が高すぎる…!国民健康保険料の減免申請
春は花粉の季節…日本人が実践する花粉症対策いろいろ
仕事が原因のケガや病気を補償?労災保険の基礎知識
ケガや病気でやむを得ず休業…そんなときは健康保険の傷病手当金
【療養補償給付編】仕事が原因のケガや病気を補償?労災保険の申請方法


 

 

あきらことほ

この記事を書いた人

あきらことほ あきら ことほ

日本を離れて11年。帰国の度に日本のいいとこ再発見。このコラムが皆様の「日本のいいとこ発見」のお役に立てればウレシイです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>