訪日ドライブ旅行に使える地域限定の高速道路フリーパスまとめ

kousoku2

訪日外国人の急増で、交通機関の割引チケットやお得なディールが次から次へと打ち出され、すっかり便利になった感のある昨今の日本。つい昨年には、日本全国の高速道路が乗り降り自由になるドライブパスJapan Express Pass (JEP)も発売となり、高速道路の利用も気軽にできるようになりました。JEPは便利なのですが、全国規模だけあって値段が少々高めな上に期間も7日間と14日間からしか選べない、北海道では使えないなど、ちょっと不便な面も。もっと小規模でいいからコストの安いパスはないものかと思っているみなさん、そんな時はエリア限定のドライブパスの購入を検討してみては?JEPの他にも、NEXCO各社はお得な地域限定のドライブパスを多数販売しているのです。

 

地域限定ドライブパスの購入条件と購入方法

対象者

JEPと同じく、各地域限定のExpressway Passも訪日外国人向けの商品です。これらのパスを購入するためには、次の条件を満たしていなくてはなりません。

  • 日本以外のパスポートを所持している人
  • 日本国以外に永住権を持っている人
  • 日本で運転可能な免許証を保持していること

購入方法

JEPと同じく、地域限定Expressway Passもレンタカーの予約と一緒に申し込みを行う必要があります。Expressway Pass単独での購入はできません。Expressway Passの申し込みは次の手順で行います。

  1. 各地域限定 Expressway Passの取り扱いのあるレンタカー会社店舗を選択します。
  2. 普通車のレンタル予約をし、各地域限定 Expressway Passの利用を予約します。
  3. 予約当日、レンタカー会社の店舗でレンタカーと各地域限定Expressway Passの申し込みを行い、説明を受けます(レンタカーとExpressway Passの料金は前払いです)。
  4. レンタカーと地域限定 Expressway Pass専用ETCカードを受け取ります。
  5. 返却日にレンタカーとETCカードを返却し、パスでカバーしていない有料道路の利用があれば清算します。

※地域限定Expressway Passは、原則としてパスがカバーしている地域内にある店舗でしか予約できません(一部例外あり)。

 

NEXCO東日本

Hokkaido Expressway Pass

Japan Expressway Passではカバーしていない北海道の高速道路を網羅するドライブパス。有効期間中は、北海道内の全ての高速道路ICで乗り降り自由になります。北海道は人口密度が低く、街と街の距離が離れているため、周遊には自動車が必須。走行距離もかなり大きくなります。Hakkaido Express Pass は北海道旅行の必須アイテムといえるでしょう。このパスは下記のレンタカー会社の北海道店舗で取り扱っていますが、店舗によっては取り扱いがない場合があるので事前に確認してください。

ニッポンレンタカー、トヨタレンタリース、バジェットレンタカー、オリックスレンタカー、JR東日本駅レンタカー、日産レンタカー

料金:3600円(2日間)~11300円(14日間)

Tohoku Expressway Pass

Tohoku Expressway Pass は青森、岩手、秋田、宮城、福島の5県内の高速道路が定額で乗り降り自由になるドライブパスです。このパスは下記のレンタカー会社の東北店舗で購入できますが、一部取り扱いのない店舗もあるので、予約前に店舗一覧で確認しておきましょう。

ニッポンレンタカー、トヨタレンタリース、バジェットレンタカー、オリックスレンタカー、JR東日本駅レンタカー、日産レンタカー

料金:4000円(2日間)~12000円(14日間)

※有効期間は最短2日間から最長14日間有効のものまで、1日きざみで選択できます。料金は有効期間の長さによって変動します。

NEXCO東日本 

 

NEXCO中日本

Central Nippon Expressway Pass

東海地方、甲信越、北陸地方の一部に三重県と滋賀県を加えた本州の中央部分をカバーするドライブパス。有効期間中は、エリア内のNEXCO中日本が運営する高速道路が乗り降り自由になります。また、追加料金を支払ってオプションを付けることで、名古屋市内の高速道路も乗り降り自由にすることもできます。かなり広いエリアをカバーしているので、車での周遊旅行にかなりの役に立ちます。このパスは下記のレンタカー会社の店舗で取り扱っています。関東地方にも取り扱い店舗があるので購入する時も便利です。

ニッポンレンタカー、トヨタレンタリース、オリックスレンタカー、日産レンタカー、タイムズカーレンタル

料金:5000円(2日間)~16000円(14日間)
※有効期間は最短2日間から最長14日間有効のものまで、1日きざみで選択できます。料金は有効期間の長さによって変動します。

NEXCO中日本 

 

NEXCO西日本

San’in-Setouchi-Shikoku Expressway Pass (SEP)

中国地方全体と四国全土プラス兵庫県をカバーするドライブパス。有効期間中、NEXCO西日本と兵庫県道路公社が運営する高速道路が定額で乗り降り自由になります。ただし、本州と四国を結ぶ高速道路(瀬戸大橋やしまなみ海道など)は追加料金がかかかるので注意しましょう。取り扱いは下記のレンタカー会社の中四国・兵庫県内の店舗で行っています。念のため予約前に必ず取り扱い店舗一覧を確認しておきましょう。

ニッポンレンタカー、トヨタレンタリース、バジェットレンタカー、オリックスレンタカー、JR西日本駅レンタカー、日産レンタカー、タイムズカーレンタル、平成レンタカー

料金:6000円(3日間)~13000円(10日間)

Kyushu Expressway Pass

九州本土全域をカバーするドライブパス(沖縄は除く)。有効期間中は九州本土の7県を走るNEXCO西日本が運営する全ての高速道路で乗り降り自由になります。福岡高速や北九州高速など、NEXCO西日本以外が運営している高速道路はパスの対象外になります。このパスは下記のレンタカー会社で取り扱っています。

ニッポンレンタカー、トヨタレンタリース、バジェットレンタカー、オリックスレンタカー、日産レンタカー、タイムズカーレンタル、

料金:3500円(2日間)~11500円(10日間)

※有効期間は最短3日間から最長10日間有効のものまで、1日きざみで選択できます。料金は有効期間の長さによって変動します。

NEXCO西日本 

 

まとめ

自分のペースでゆっくりと回れるのが魅力のレンタカーの旅。目的地のエリアがある程度限定されているのであれば、全国規模のJapan Expressway Passよりも、地域限定のパスを購入したほうがお得です。有効期間を自分の旅行日程に合せて選べるのも便利ですね。これらのパスは訪日外国人を対象にした商品ですので、レンタカー会社でピックアップをする際、必ず外国籍であることの証明を求められます。パスを購入した人はパスポートを携帯していくことを忘れずに!

 


関連記事
外国運転免許証を使って日本で運転をする3つの方法 
車の運転前にチェック!日本で交通違反をしたらどうなる?
引越しする時には忘れずに!運転免許の住所変更手続き
【ガソリンスタンド編】外国人のための運転マナー講座
【駐車編】外国人のための運転マナー講座
【一般道編】外国人のための運転マナー講座
【有料道路編】外国人のための運転マナー講座
【交通事故編】外国人のための運転マナー講座
【違反切符を切られたら】外国人のための運転マナー講座
高速道路乗り放題?訪日外国人限定Japan Expressway Passとは
自動車で日本観光旅行。外国人のためのレンタカーガイド
自動車トラブル時の強い味方JAFのロードサービス


  

 

あきらことほ

この記事を書いた人

あきらことほ あきら ことほ

日本を離れて11年。帰国の度に日本のいいとこ再発見。このコラムが皆様の「日本のいいとこ発見」のお役に立てればウレシイです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>